【麦焼酎】 鶴の荷車42度 15~20年古酒

画像

画像

画像

画像

原材料   二条大麦・麦麹

種麹菌   白麹

蒸留方法 常圧

貯蔵方法 ホーロータンク貯蔵

酒造元   有限会社 渡邊酒造場(宮崎県宮崎市)


鶴の荷車
二条大麦の香ばしさと強い甘味が特徴で、バランスが凄く良く
かなり旨かったです。

飲み方はロック、ストレート。
麦チョコ風味がお好きな人にオススメ‼

ちなみに、元になっている麦焼酎を2~3寝かせると「麦麦旭万年」
15~20年で「鶴の荷車」です。

ただ、「鶴の荷車」は長期貯蔵をすると風味が薄まるので、
焼酎を継ぎ足す方法がとられています。
泡盛でいう「仕次ぎ」という方法です。


ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。



にほんブログ村

焼酎ランキング

この記事へのコメント

ビワ
2015年11月14日 18:43
兼八の影響でしょうか、麦チョコ風味が
最近の麦焼酎の流行のようですね。
しかし42度の20年古酒なんてあるんですね。
40度のものは黒糖焼酎の昇龍の黒瓶を飲んだきり
ですね。
たっくん
2015年11月14日 19:20
>>42度の20年古酒なんてあるんですね。
「鶴の荷車」は人気があるのと販売時期が不定期で、昔4年位待ったこともあるんですよ。

だから、殆んど手に入らないんですが、今年は何故か結構並んでました

次はいつになるんでしょうね…

この記事へのトラックバック